設計を分離する必要条件

トップ> 設計士に頼む家作り : 設計を分離する必要条件

設計を分離する必要条件

住宅作りの際に、どうして設計者を別に選ぶ必要があるのでしょうか。

先に述べたように、別に設計事務所に頼まなくても、ハウスメーカーや工務店でも設計してくれます。
そしてその費用は無料?であったり、かなり安価だったりします。
うちは、しゃれたデザインじゃなくて普通の家で良いし、使いやすさや住み心地もkにしないから、設計事務所はいらないと考える方もいます。
設計事務所に依頼することは、お金持ちのする贅沢なことなのでしょうか……。

それは違います。

設計事務所に依頼するという事は、第三者の専門家を自分の味方として雇うということです。
何のトラブルもなければいいのですが、現場で、一品生産される住宅の場合は、何らかのトラブルになる可能性が非常に多いものです。
その場合、お客様である施主と工事業者側で意見が食い違う場合が多々あります。
そんな時に、工事から利益を得ない「第三者的な専門家」が、間に入ることで問題が解決する事がよくあります。
しかし設計事務所であれば、いつでも第三者的専門家の立場を保てるかというと、そうではありません。
例えば、工務店から紹介されて設計を依頼された場合や、設計事務所が工務店の下請けで、設計作業を行っている場合などには、第三者的立場でいることは困難でsy。
工務店から紹介された場合には、工務店に義理ができてしまいますし、工務店の下請けで設計する場合には、設計料は工務店からもらうわけで、工務店に不利になるような行動はとれません。

ページの一番上へ