トップ> 設計士に頼む家作り : 住宅設計のポイント

住宅設計のポイント

新しい記事

新しい記事

住宅にとっても、設計が非常に重要なポイントであるといえます。
設計するということに重点をおくことで、使いやすさも、住み心地も、そしてデザインの善し悪しも、全て決まってしまうと言っても過言ではないでしょう。
だからこそ、これから話を始めて行く中に重要な要素がたくさん出てまいります。
しかし、その前に一つ、頭に入れておいていただきたい事がございます。
それは、どんなに素晴らしい設計をした空間や、どんなに丈夫な構造でも、上物だけでは成り立ちません。それを支えるのは基礎だということです。
ですから、基礎をしっかり作るということが大事なのは言うまでもありません。
地盤と建物をつないでるのは『基礎』です。
ですから、基礎の設計や施行がおろそかでは、全て台無しです。
どんなに素晴らしい空間を設計しても、それを活かす事ができません。
世の中には、いろいろな基礎のつくり方が見受けられます。
施工業者によっても違いますし、どこをポイントとして工事をしているのかによっても違いがあります。
基礎の強度に関しましては、コンクリート強度も重要ですが、基礎の鉄筋配筋によっても、基礎の強さが決まります。
ですから、必ず配筋時でのチェックが必要です。しかも、出来るならば施行してる業者内でのチェックではなく、又、お客様自身でもない、『第三者的な立場』のしかも『プロの目』でのチェックがあれば理想的です。
では、『第三者的な立場の人』とは、どのような人のことでしょうか……。
この話は、後ほど詳しくさせていただくとして、その前に基礎が重要であるということを踏まえて、本題である『住宅設計のポイント』の話に入りましょう。
まず、設計するにあたり、希望や目的をなるべく具体的に考えましょう。